中国語実践プログラム

2010年08月31日

笑いの止まらぬ中国の航空業界

「早割り」の必要なし!予約状況は常に「満席」、笑いの止まらぬ航空業界―中国


 2010年8月28日、新華網によると、中国民航各社は8月に入ってから例年になく好調な航空券販売状況が続き、空前の稼ぎ時を迎えている。
0831-2
《写真は「格安」を売りに業績を伸ばした春秋航空。》





 記事によると、北京−上海間などの主要路線は言うに及ばず、蘭州−アモイ間などのマイナー路線でも、予約割引運賃の航空券が姿を消している。ビジネス出張などで飛行機を利用する人々は、深刻な航空券購入難に直面しているという。地方都市での会議を終え本社に戻ろうとしても航空券が買えない、どの日付のどの路線もすべて満席、あるのはファーストクラスだけというありさまだ。ファーストクラスでさえ数分で完売してしまうという。

 ある証券会社のアナリストはこうした状況について、「上海万博などの大型イベントが航空会社の収益を押し上げ、空席率を下げると予想はしていたが、これほどまでとは」と驚きを隠せない。別のアナリストは「金融危機から脱却した中国人が陸よりも空の移動を選択するようになった」とその原因を分析。さらに「金融危機で各航空会社が路線を縮小し、同時に大型旅客機の購入を手控えたことが今の状況に拍車をかけた」と指摘している。いずれにせよ、中国の航空会社にとって今が稼ぎ時であることは間違いない。
(以上Record Chinaより引用2010.08.30)


笑いの止まらぬ中国の航空業界



 今では日本の地方空港は中国の航空会社の誘致合戦になっているらしい。JALも以前大きな負債をかかえているのでますます業務を縮小させなければならないだろうし、ANAでは中国の航空会社の安さには太刀打ちできないだろう。

 このままでは数年後には日本の空にも中国の航空会社の飛行機が飛び交っている!?


posted by 老師 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国語ねっと 中国語実践プログラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。