中国語実践プログラム

2010年11月30日

中国、砂漠化対策として人造湖を計画!?

かつての「さまよえる湖」辺りに人造湖を計画=砂漠化対策として―新疆ウイグル自治区


 2010年11月28日、成都商業報によると、中国科学院の生態・地理研究所が起草している砂漠化対策計画「新ローラン計画」で、新疆ウイグル自治区のロプノール地区に人工の淡水湖をつくる計画が盛り込まれることがわかった。地理学者の夏訓誠(シア・シュンチョン)氏が明かした。
1130-1
《写真はロプノール地区。》

■DVDで学ぶ〜動画でわかる!中国語文法講座■










 ロプノール地区に新たに人口の淡水湖をつくる計画は同地域の砂漠化対策の一環としてであり、また、ローラン(楼蘭)の生態環境を回復させる目的がある。ロプノール地区にはかつて塩湖であるロプノール湖があった。この湖は水深が浅く、陽射しなどで絶えず姿を変えることから「さまよえる湖」と呼ばれていたが、現在は完全に干上がってしまっている。調査や衛星写真によれば、干上がったロプノール地区の形状は大きな耳のような形状をしており、湖が干上がった過程を反映しているのだという。1960年代前半を中心にこの“耳”が形成されたと推測されている。

 かつてロプノール湖西岸に位置し、シルクロード交易で栄えた都市国家・楼蘭(ろうらん)が滅亡した原因に関しても、シルクロードが海運に移ったのが主因とされているが、夏訓誠氏によると、湖の枯渇により生活用水が確保できなくなり、住民がいなくなったからという原因も大いに考えられるという。

(以上Record China より引用2010.11.29)


中国、砂漠化対策として人造湖を計画!?



 中国は雨を降らせたり、降らせなかったり、川をつないでみたり、と「人間が自然を支配できる」という考えのもとに開発を進めているが、自然の力は人間の力の想像を超えたもの。そんなに単純に開発できる話ではないと思うが・・


posted by 老師 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国語ねっと 中国語実践プログラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。