中国語実践プログラム

2011年02月08日

中国初となる埋蔵量1000億立方メートル超の石炭層ガス田を確認

中国初となる埋蔵量1000億立方メートル超の石炭層ガス田を確認―山西省

2011年2月4日、新華網は山西省で発見された石炭層ガス田の埋蔵量が1000億立方メートルを超えたと報じた。
00208-1
《写真は2010年11月、北京中国緑色産業・緑色経済ハイテク国際博覧会の中国石油天然ガス集団ブース。》

中国石油天然ガス集団は山西省[シ心]水盆地での石炭層ガス田探査を続けている。先日、鄭庄区の埋蔵量が308億立方メートルであることが政府機関によって確認された。同盆地の埋蔵量は累計で1152億立方メートルに達した。1000億立方メートル超の石炭層ガス田は中国初の発見となる。

中国石油天然ガス集団は2006年より同盆地での探査、開発を続けている。昨年末までにすでに石炭層ガス4億3600万立方メートルを生産している。今後、「西気東輸」パイプラインを通じて、沿海部へと送られることになる。
(以上 Record Chinaより引用2011.02.05)


中国初となる埋蔵量1000億立方メートル超の石炭層ガス田を確認


 
 中国本土にはまだまだ、隠れた資源がかなり多く眠っているらしいたらーっ(汗)

 尖閣諸島辺りは資源のない日本に譲ってくれても良いのに・・ふらふら


posted by 老師 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国語ねっと 中国語実践プログラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。