中国語実践プログラム

2011年07月04日

中国人は服飾品購入が大好き、米国を抜いてダントツの世界一

中国人は服飾品購入が大好き、米国を抜いてダントツの世界一―米調査会社

2011年6月30日、米誌フォーブスによると、中国人は服飾品の購入を好む人が多く、2位の米国を大きく上回り世界一であることが分かった。アップルデイリーが伝えた。
00704-1
《写真は10年12月、北京で開催されたブランド品オークションに出品された高級腕時計。》

米調査会社ハリス・インタラクティブのレポートによると、服飾品の購入に関して、米国人のうち「好き」と回答したのは39%、「嫌い」は30%だった。一方、中国人は「好き」が79%、「嫌い」はわずか3%で、中国人の服飾品購入好きの程度が米国人を大きく上回っていることが分かった。

ブランド好きでも同じで、「ブランドにこだわる」と回答した米国人が約3割だったのに対し、中国人は7割に達した。レポートは「中国人は自分の収入レベルを省みずブランドにこだわる人が少なくない」と指摘。「年収6000ドル程度の収入層のうち、4分の1が7000ドル以上のブランド時計を購入したいと考えている」などの例を挙げ、その理由として「見せびらかすため」「他人に自分を見直させるため」など、「面子」を重視する声を紹介している。
(以上 サーチナ より引用2011.07.03)


中国人は服飾品購入が大好き、米国を抜いてダントツの世界一



 日本人も宝飾品を買いあさっていた時代が懐かしい・・

 しかしこの10年で世界の経済構造は本当に大きく変わったもんですふらふら


posted by 老師 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国語ねっと 中国語実践プログラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。