中国語実践プログラム

2011年07月22日

ついに店ごと!「偽アップルストア」出現

ついに店ごと!「偽アップルストア」出現、外観から内装まで本物そっくり―雲南省昆明市

2011年7月20日、中国雲南省の昆明市に米アップル社の直営店「アップルストア」を店舗ごとパクったと思われる「偽アップルストア」が3軒も出現した。米アップル社の情報サイト「9to5mac」が伝えた内容を新浪科技が報じた。
00722-2
《写真が問題の店。》

同サイトに地元在住ブロガーの「BirdAbroad」が通報する形で発覚した。写真入りで紹介された「偽アップルストア」は外観から内装まで一般客にはとても見分けがつかないほど本物そっくり。売られているのはもちろんiPhoneやiPad、Macなどアップル社の商品だが、これらも偽物かどうかは不明。

おなじみのリンゴのマークがプリントされたブルーのTシャツを着込んだ従業員が堂々と接客しているが、驚くべきことに彼らは自分たちが本物のアップルストアの店員であると信じ込んでいるとのこと。だが、偽ストアは3軒とも同じエリアの徒歩圏内にあることから、記事は「違法行為を自覚している可能性もある」と指摘している。

なお、アップル社の公式サイトによると、中国本土には北京と上海にしか本物のアップルストアは存在しない。
(以上 Record China より引用2011.07.22)


ついに店ごと!「偽アップルストア」出現



 写真入りの関連記事はこちら

 しかし、ここまでくるとアップルも訴える力もないくらい脱力してしまうかもふらふら

 あっと言う間に中国全土に偽物店が広がる予感がしますあせあせ(飛び散る汗)


posted by 老師 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国語ねっと 中国語実践プログラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。