中国語実践プログラム

2011年08月19日

中国高速鉄道、国際入札で勝てる見込みは「ほぼゼロ」

高速鉄道の輸出戦略を変更へ、国際入札で勝てる見込みは「ほぼゼロ」―中国紙

2011年8月17日、中国紙・21世紀経済報道は、中国の高速鉄道輸出計画は温州での追突事故により、売り込み方法を変更したと報じた。
00819-1
《写真は中国の高速鉄道用車両。》

記事によると、中国はこれまで国際入札を勝ち取り、その国の高速鉄道建設プロジェクトを全面的に請け負うことを目指してきたが、先月23日に浙江省温州で起きた追突事故により、売り込み方法を変更した。記事は、中国は今のところ、車両の安さと工期の短さ以外、他国に勝るものはないと指摘している。

現在、中国機械輸出入公司が北欧の高速鉄道プロジェクトへの参加について、ノルウェー・オスロ市の政府系企業「Oslo Teknopol」と商談を進めているところだが、同社のKnut Halvorsen社長によると、中国企業の魅力は「コストの安さと工期の短さ」。車両の価格は他国と比べ30%〜40%も安く、これによりプロジェクトの費用が500億ノルウェー・クローネ(約7090億円)も節約できる。2〜3年という工期も当初の予想の5分の1という短さだという。

だが、プロジェクト自体はあくまでもドイツやフランスとの合同にするのが理想的だと同社長。「これにより、中国は各国の先端技術を学ぶことができ、我々もコスト削減できる」との考えを示した。中国の高速鉄道は温州での事故後、安全性に対する疑問が噴出しており、今後、国際入札を単独で勝ち取る可能性はほぼゼロに近い、と記事は指摘している。
(以上 Record China より引用2011.08.19)


中国高速鉄道、国際入札で勝てる見込みは「ほぼゼロ」



 鉄道事故を起こしたこと事態、国際入札においては懸念事項だが、車両を埋めたり、といった事後処理はもっと大きな懸念事項になったと思う。

 そんな調子だと、入札先で起こった事故に関しても「中国はまったく関係ありません」なんて、言われかねないですからね・・ふらふら


posted by 老師 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国語ねっと 中国語実践プログラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。