中国語実践プログラム

2011年08月19日

「統一についてどう思う?」、中台間の温度差に驚く中国人

「統一についてどう思う?」、中台間の温度差に驚く中国人―香港メディア

2011年8月17日、台湾で馬英九(マー・インジウ)総統が就任して以来、中台間の往来が大幅に自由化され、台湾を訪れる中国人観光客も増えた。メディアでも中台間の出来事が多く取り上げられるようになったが、「中台統一」はお互いにどう思われているのだろうか。香港のアップルデイリー紙が伝えた。
00819-2
《写真は6月、台湾旅行に出発する上海の観光客。》

米ニューヨーク・タイムズ紙が掲載した中国人観光客の台湾旅行を取材した記事によれば、初めて台湾を訪れる観光ツアーに記者が同行。添乗員がツアー客に「現地では政治を語らないこと」、「中台間については表面上の事だけを話すこと」、「法輪功のメンバーには近づかないこと」と釘を刺し、さらに「マナーに気をつけ、台湾の食事は中国とは違ってあっさりした味だということを理解すること」と語ったという。

そして中国人観光客が台湾で最も意外に感じ、そして驚くのが「台湾人の大部分が中国との統一を望んでいない」ことだという。中国人は台湾人に「統一についてどう思う?」と問い掛けることが多いが、台湾ではこの問題に熱心な人は少なく、せいぜい「自分が決められることじゃない」と答える程度にとどまり、聞かれなければ話題に上ることもあまりない。

中国はこれまで何十年もの間、「台湾を統一しよう」、「台湾を解放しよう」というスローガンの下で一般市民に呼び掛けてきた。そうした思想教育の中で育ったある女性を含め、台湾を実際に訪れた中国人の多くは、旅行後は「台湾が独立するかどうかは誰も気にしない」と、台湾の自由な雰囲気に触れることで中国共産党の洗脳教育から解き放たれているようだと記事は指摘している。
(以上 Record China より引用2011.08.18)


「統一についてどう思う?」、中台間の温度差に驚く中国人



 この件や、日本や、東南アジア諸国との諸問題すべてにおいて、中国の外交戦略、思想はほぼ一方的なものである・・

 いい加減そういった流れを変えないと世界中から恨まれてしまいかねないフリーダイヤル


posted by 老師 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国語ねっと 中国語実践プログラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。