中国語実践プログラム

2011年09月20日

中国、ニセモノ横行の骨董品産業に10万人が従事、取扱高は年1200億円超

ニセモノ横行の骨董品産業に10万人が従事、取扱高は年1200億円超―中国メディア

2011年9月17日、「市場に出回っている骨董品の多くはニセモノ」というのがもはや常識になっている中国では、骨董品偽造に関わる一連の行為が大規模産業と化しているという。羊城晩報が伝えた。
00920-1
《写真は江西省で押収されたニセモノの明代の骨董品。》

中国の「専門家指導」という有名な漫才のなかで、骨董の専門家が収集家に「ニセモノ骨董の作り方」を教えるくだりがある。「レンガのかけらを拾って、字を彫り、泥で汚して、漆を塗り、土に埋めて掘り出したら、立派な骨董品の出来上がり」というものだが、これは決して漫才用に誇張した話ではない。中国にはそれほど骨董品のニセモノが溢れているのだ。

景徳鎮のニセモノを作って20年以上の章さんは「私の作ったニセモノは測定機器でも見破られない」と豪語する。なぜなら陶磁器を古く見せるために使用する薬剤は、南京の大学教授が配合したものだからだ。さらにはニセモノの器の足の部分だけを正確にカットして、本物の年号が記された足の部分をそこに継ぎ足すという技法もある。

専門家によると、中国では10万人を超える人々がニセモノ骨董品の製作から輸送、販売に関わっており、年間収入は100億元(約1200億円)以上にのぼるという。
(以上 Record China より引用2011.09.20)


中国、ニセモノ横行の骨董品産業に10万人が従事、取扱高は年1200億円超



 これだけ何から何までがニセモノの中国。

 むしろ本物なんて存在するかどうかもあやしくなってきちゃいますねふらふら


posted by 老師 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国語ねっと 中国語実践プログラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。