中国語実践プログラム

2012年08月25日

福建「愛のマントウ店」、生活困窮者に年35万個を無償提供

福建「愛のマントウ店」、生活困窮者に年35万個を無償提供

【新華社福建石獅】 中国福建省泉州市石獅にあるマントウ(饅頭、中国蒸しパン)の店「永恒陽光」は、開業からの1年で生活困窮者に対してマントウ35万個以上を無償提供し、今後、新店舗も設ける計画だ。

1
《写真は「愛のマントウ店」》

 同店は朝6時から作業を始め、1日に2000個のマントウを作る。これまで店主は公に顔を見せず、従業員も事情を明かさない。インターネット上ではこの「愛のマントウ店」が人々の空腹を満たすだけでなく、愛の心も届けているとの評価が、感動と共に広がっているという。

(以上毎日中国経済より引用2012.08.24)


 

普通ならこういうことはなかなか実行できない



 みなさんもこういう話は好きでしょうか。僕はこういう話は好きです。経済格差が深刻な中国で、こんな暖かい話題が出ることが、うれしいです。

 朝6時から作業を始めて2000個のマントウを作るのには、相当きついものがあります。
しかし、そういった中でも、「食べてもらえるなら作ろう」というその姿勢が素晴らしいと思います。

 お金をもらうことより、ずっと価値のあるものだと思います。こういった行為には、いつかきっと見返りが返ってくるでしょうね。
 
 中国政府も、こういうボランティア精神のあるお店に対しては積極的に、経済支援を行ってほしいと思うのですがねふくろ

 
 

 


posted by 老師 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国語ねっと 中国語実践プログラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。