中国語実践プログラム

2012年08月25日

全長7キロの橋が開通わずか1年で崩落、8人が死傷

全長7キロの橋が開通わずか1年で崩落、8人が死傷―黒竜江省ハルビン市

 2012年8月24日早朝、中国黒竜江省ハルビン市の陽明灘大橋が崩落し、橋の上を通過中の貨物トラック4台に乗っていた8人が巻きこまれた。3人が死亡、5人が負傷と伝えられている。環球時報の報道。

2
《写真は崩落した陽明灘大橋》



 陽明灘大橋は約19億元(約235億円)を投じて2011年11月に開通。全長7133メートルで、8車線の大規模なもの。時速80キロで走行すると渡りきるのに必要な時間は6分。1時間に車両9800台の行き来が可能だ。しかし、その建設作業は非常に短く、2009年12月の起工からわずか14カ月で全線が完成した。これを多くのメディアは「ハルビン市の、黒龍江省の奇跡」と報じていた。詳しい事故原因はまだ調査中だが、事故発生当時に通行していたトラックはいずれも石材や家畜飼料など重量の貨物を運搬していたという。

「開通たった1年もたたずに崩落するとは、確実に問題があったはずだ」。中国国家安全生産監督管理総局の黄毅(ホアン・イー)報道官は、こう発言している。

(以上Record Chinaより引用2012.08.24)


  

あまりに恐ろしくて通れませんよ



 工事の期限を取るか、人の安全を取るか、もちろん人の安全でしょう

 いくら期限がせまって仕方なく、ペースアップして間に合わせても、崩落するようでは、まったく意味がない。

 工事を請ける側、請けてもらう側の両サイドで、しっかりと話し合っていない証拠だ。

 交通量が多いならなおさら、安全には十分配慮するべきです。交通調査もしっかりしていない、さらには重量も想定していないこと自体欠陥です。

 一刻も、安全に通れるように説明と、改善をしてほしいものですちっ(怒った顔)

 
 

 


posted by 老師 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国語ねっと 中国語実践プログラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。