中国語実践プログラム

2012年08月28日

レンガや秤が机替わり、悪環境でも健気に勉強する子供たち

レンガや秤が机替わり、悪環境でも健気に勉強する子供たち―山東省済南市

 2012年8月26日、中国・山東省済南市には、さまざまな物を机にして宿題や勉強に勤しむ子供たちがいた。チャイナフォトプレスが伝えた。
2
《写真はまざまな物を机にして宿題や勉強に勤しむ子供》

 小学1年生の女の子はレンガを積み立て机替わりに勉強し、スイカ売りをする両親に付き添い、スイカを積んだ車の上で宿題をする子供もいた。また、親を手伝うために野菜売りをしていた女の子は、手が空いた時に秤を机にして勉強するなど、各々工夫しながら勉学に励んでいた。彼らの環境は決して良いものではないが、それでも親の手伝いを忘れず、本分である勉強に勤しむ姿は実に健気であった。
(以上Record Chinaより引用2012.08.28)


  

机になるようなものがあれば勉強する、これじゃ日本は負けるわ
 
 そもそも、勉強の力の入れようが違う。親の手伝いをする傍ら、暇を見つけては研鑽に励む姿は小さな子供であれ、たくましい。

 貧困にめげず、日々自分の成長に努力を積む姿は今の日本の子供にはない、この子たちは、今、生活できているありがたみを知っているに違いない。

 この記事を読んで、ハングリー精神を持ってもっとたくましく生きようと思った。


posted by 老師 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国語ねっと 中国語実践プログラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。