中国語実践プログラム

2012年08月30日

北京一高いビル「中国尊」 高さ528m、総工費は2960億円

北京一高いビル「中国尊」 高さ528m、総工費は2960億円

 【新華網】 不動産業者、中信地産によれば、同社が建設を担当する北京市「CBDZ15」区画のビル「中国尊」は2016年に棟上げされる予定だ。北京市で最も高いビルとなり、総工費は240億元(約2960億円)に上る見通し。
1
《写真は「中国尊」の完成イメージ図》

 中信地産によると「中国尊」は屋上に展望エリアを設け、外側に超透明ガラスを使用する。完成後、観光客は高さ524メートルの地点まで上がることができる。

 中信集団は10年12月に「CBDZ15」区画を63億元で落札した。「中国尊」はオフィスビルとなり、敷地面積は1万1478平方メートル、総建築面積は42万7000平方メートル、高さ528メートル。地上108階、地下7階建てで、完成後、国貿三期に代わって、北京一高いビルとなる。

(以上毎日中国経済より引用2012.08.30)


日本の300メートル級のビルでも大きいのに



 東京スカイツリーには及ばないが、しかしこの中に、オフィスが入ったとしたら、雲の上のオフィスは見てみたいものです。仕事取り組む姿勢が違ったりして。

 でも、上階ほど、風が強そうなイメージが強い。ここ最近中国の方に台風がいっているので、倒れないと思うが、気を配ってほしい。

 こういう高層建築物は、日本企業がかかわっているのをよく目にするが、これもそうなのかな。

 ビルの中から見る景色もいい眺めだろうと思いますが、逆に外から見上げるビルというのもいいかもしれません。次に中国に行く時はこのビルが一望できる北京のホテルに滞在するのもいいかもしれないですね。

 完成が待ち遠しいですビル

 
 
 
 

 

 

 
posted by 老師 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国語ねっと 中国語実践プログラム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。